【レポート】ススキ光り輝く初冬の山中湖畔『鉄砲木の頭と高指山』

天気予報では東京地方は冷たい雨がまたは雪が降るとのこと。今日は富士山が見えることはないだろうと諦めていた。しかし大月駅から登山口の吉政までのバスの車窓から空いっぱい雲が広がる中に白く雪化粧をした富士山が姿を見せる。幸先が良い。  登山口の吉政からはしばらく別荘地の中をいく。なだらかな山道に入るとすぐに背後に山中湖と富士山が冬の冷たい空気に包まれて佇んでいてビックリ。1時間もすると高指山に着く。Sさんが西丹沢の菰釣山から高指山まで歩いた話をしてくれた。人気の少ない西丹沢から避難小屋を利用して歩いたと…どんな風景が見れるのだろうかと想像してしまう。西丹沢からつづく今日のルートは甲相国境(甲斐国と相模国の国境)でもあり、高尾から大阪箕面まで辿れる東海自然歩道の一部でもある。樹林帯に入ると木々の葉は落ち尽くしていて見通しが良い。晴れていたらどんなにか明るいのだろう。  途中、切通峠は丹沢湖の世附に続く峠道が横切る。今はほとんど使われていないようだひっそりとしている。  息を切らしながら登ると目的地の鉄砲木の頭に着く。一段と大きな富士山と遠くに南アルプスの白い山々の素晴らしいビュースポットだ。さらに縁結、子宝、子育てのパワースポットの山中諏訪大社の奥之院がある。ありがたや、ありがたや…  下りはカヤトの広がる中をパノラマ台へ一気に降りる。到着地でもまた富士山と山中湖の絶景。  富士山の絶景と冬枯れの山を楽しみ、冷たくなった体を石割りの湯でほぐして満足した一日だった。

天気予報では東京地方は冷たい雨がまたは雪が降るとのこと。今日は富士山が見えることはないだろうと諦めていた。しかし大月駅から登山口の吉政までのバスの車窓から空いっぱい雲が広がる中に白く雪化粧をした富士山が姿を見せる。幸先が良い。  登山口の吉政からはしばらく別荘地の中をいく。なだらかな山道に入るとすぐに背後に山中湖と富士山が冬の冷たい空気に包まれて佇んでいてビックリ。1時間もすると高指山に着く。Sさんが西丹沢の菰釣山から高指山まで歩いた話をしてくれた。人気の少ない西丹沢から避難小屋を利用して歩いたと…どんな風景が見れるのだろうかと想像してしまう。西丹沢からつづく今日のルートは甲相国境(甲斐国と相模国の国境)でもあり、高尾から大阪箕面まで辿れる東海自然歩道の一部でもある。樹林帯に入ると木々の葉は落ち尽くしていて見通しが良い。晴れていたらどんなにか明るいのだろう。  途中、切通峠は丹沢湖の世附に続く峠道が横切る。今はほとんど使われていないようだひっそりとしている。  息を切らしながら登ると目的地の鉄砲木の頭に着く。一段と大きな富士山と遠くに南アルプスの白い山々の素晴らしいビュースポットだ。さらに縁結、子宝、子育てのパワースポットの山中諏訪大社の奥之院がある。ありがたや、ありがたや…  下りはカヤトの広がる中をパノラマ台へ一気に降りる。到着地でもまた富士山と山中湖の絶景。  富士山の絶景と冬枯れの山を楽しみ、冷たくなった体を石割りの湯でほぐして満足した一日だった。

天気予報では東京地方は冷たい雨がまたは雪が降るとのこと。今日は富士山が見えることはないだろうと諦めていた。しかし大月駅から登山口の吉政までのバスの車窓から空いっぱい雲が広がる中に白く雪化粧をした富士山が姿を見せる。幸先が良い。  登山口の吉政からはしばらく別荘地の中をいく。なだらかな山道に入るとすぐに背後に山中湖と富士山が冬の冷たい空気に包まれて佇んでいてビックリ。1時間もすると高指山に着く。Sさんが西丹沢の菰釣山から高指山まで歩いた話をしてくれた。人気の少ない西丹沢から避難小屋を利用して歩いたと…どんな風景が見れるのだろうかと想像してしまう。西丹沢からつづく今日のルートは甲相国境(甲斐国と相模国の国境)でもあり、高尾から大阪箕面まで辿れる東海自然歩道の一部でもある。樹林帯に入ると木々の葉は落ち尽くしていて見通しが良い。晴れていたらどんなにか明るいのだろう。  途中、切通峠は丹沢湖の世附に続く峠道が横切る。今はほとんど使われていないようだひっそりとしている。  息を切らしながら登ると目的地の鉄砲木の頭に着く。一段と大きな富士山と遠くに南アルプスの白い山々の素晴らしいビュースポットだ。さらに縁結、子宝、子育てのパワースポットの山中諏訪大社の奥之院がある。ありがたや、ありがたや…  下りはカヤトの広がる中をパノラマ台へ一気に降りる。到着地でもまた富士山と山中湖の絶景。  富士山の絶景と冬枯れの山を楽しみ、冷たくなった体を石割りの湯でほぐして満足した一日だった。

2019年12月7日  鉄砲木の頭と高指山

[文・西岡(参事)]



NPO法人日本トレッキング協会
 
〒101-0065 東京都千代田区西神田2-7-14 田中ビル1F
TEL:03-6272-5832  FAX:03-6272-5833 
©copyrights 日本トレッキング協会 all rights reserved.
  • Facebook
  • Twitter