top of page

【レポート】奥多摩の人気コース『高水三山』

3つのピークを越えるミニ縦走の奥多摩入門コース、高水三山に行ってきました。

コースの随所に寺社があり昔から信仰の深い山だったことを思わせます。

梅雨空のもと天気予報は雨!降られるのは覚悟で軍畑駅に集合です。雨だからこそ見ることが出来る幻想的で美しい景色があります。雨は嫌だなと思わず楽しんで行きましょう。

カッパを着込み完全防備で出発しましたが、高源寺に着く頃には雨が止み蒸し暑くて着ていられないとカッパを脱ぎ捨て身軽になっていよいよ山道に入ります。

山道には合目を示す石柱があり確認しながらジグザグの急登を登っていくと常福院山門に着きます。ここで昼食を取りましたがまた雨が降ってきました。

 

春の花が終わり、夏の花はまだこれからの時期です。種類は少ないものの線香花火を思わせる薄紫のコアジサイ、つんつんと2本の花を付けたフタリシズカ、真っ赤な実をつけたマンリョウなどがありました。雨空でカエルもひょっこりお出迎えです。


 山歩きの基本を再確認する意味で小休憩の度にミニレクチャーを行いました。

準備運動では筋肉を意識する、こまめな水分補給、木段登りの足の位置と体重移動の仕方、ストックの石突きの意味など普段何気なく行っている行動の一つひとつを理解して行う大切さを学びました。


 標高は800㍍足らずの山ですが奥多摩の魅力を味わうことができる山行でした。

下山後は御岳でおそばをいただき、おなかも心も満足して帰路につきました。






2023年6月14日(水) 高水三山


文・増永(理事)

bottom of page